館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 残念ながらまたしても政治の骨抜き

<<   作成日時 : 2009/01/14 22:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

画像意欲的なある条例制定を目指す取り組みで(自分にとっては)残念なニュースが入ってきました。地元神奈川県での話です。それなのになぜ写真が神奈川県とは全く関係のない「あけぼの」(単なるブルトレではなくあけぼの)なのか、その答えはまた後ほど。



今日の神奈川新聞(リンク先カナロコの日付は13日)によると、

小規模店やパチンコ店などは「努力義務」/神奈川県、受動喫煙防止条例素案で大幅譲歩

 松沢成文知事は十三日、「公共的施設における受動喫煙防止条例(仮称)」の素案で、施行後三年間は猶予期間を設けていた小規模飲食店やパチンコ店など風営法対象施設の喫煙規制を「努力義務」に修正すると発表した。店舗側などの反発を受け大幅に譲歩し、規制対象から外した形。
とのこと。「小規模飲食店」は飲食店全体の7割に当たるそうで、せっかくの新しい試みが骨抜きにされてしまいました。

たばこ嫌いの自分、「分煙が『十分に』できていればOK」という考え方ではありますが、それでも今回の条例案は評価していました。しかし、見直し期間を短縮したとはいえ業界の猛反対で譲歩というのは非常に残念。
物理的に分煙施設をつくるのが難しい規模の店舗
これは分煙化できないという点でやむを得ませんが…。

しかし、一斉に条例の網をかけるというやり方が果たしてベストと言い切れたのかどうかはまた疑問。やっぱり禁煙化したお店や分煙設備を設置したお店に何らかの形でアメをあげる(税減免とか設置費用補助とか)必要はあったのではないかと思います。

骨抜きにされた後はどうするか。譲歩した条例案レベルの場合、少なくとも店外に喫煙区分をわかりやすく掲示すべきでしょう。すなわち時間帯での区分は別として
  • 全席喫煙可
  • 一部喫煙可、分煙設備なし
  • 一部喫煙可、分煙設備完備
  • 全席禁煙
といった所。これなら全ての人に判断材料が提供できるので評価できます。まあ自分は一人なら上2者の店に行くことはよほどのアドバンテージがない限りないと思いますが。

修正の対象となる小規模店は、調理場やトイレなどを含む店舗面積が百平方メートル以下の飲食店。
というように、逆に大規模店は禁煙or分煙の規制が生きることになります。13日のカナロコの別記事
「一平方メートルの違いが『天国と地獄』になるのはおかしい」
という意見が紹介されていますが、いいえ、どこかで線を引かなければなりません。ケースバイケースで判断したらそれこそ骨抜き度がアップしてしまいますし、大きな店舗を構えられると言うことはそれだけ分煙設備設置資金もあると言うこと。大型店が率先して分煙することで流れを作り、小規模店にその流れを持ち込むのが本来ではないでしょうか。

一方、「パチンコ店など風営法対象施設」の骨抜きは規模を問わないようです。というあたり、このような業界は新規ニーズの掘り起こしを考えてないのでは、と思われても仕方ないのではないでしょうか。そういった所が禁煙フロアなどでクリーンさをアピールするのが業界イメージの向上にも役立つと思うのですが…。あるいは(以下自粛)。

 顧客のニーズに敏感な民間企業からは、そもそも嗜好(しこう)の問題に条例の網をかぶせる難しさを指摘する声が挙がる。商業施設を運営する企業の担当者は「健康志向の客が多ければ禁煙や分煙にする。基本的には客の意向を追認するしかない。健康志向の人を増やすために施設を禁煙にするといった提案を、施設側から行うのは難しい」と話している。
のでしたら、たばこ税を上げることとより禁煙しやすい環境を作ってあげることで、「健康志向の客」を増やすよう誘導するのが行政の役割でしょう。松沢知事の今一度の奮起を望みます。



では、冒頭の「あけぼの」の写真について。

現在あけぼのは8両編成、「A個室」「B個室」「B寝台」「ゴロンとシート」「レディースゴロンとシート」が付いていてこのうち「B寝台」と「レディースゴロンとシート」がすでに禁煙ですが、男性で「ゴロンとシート」を使いたいという方は喫煙車で我慢するしかありませんでした。ちなみに「ゴロンとシート」の料金は普通車指定席相当。

これが3月14日のダイヤ改正きっかけで当日始発駅を発車する列車から「ゴロンとシート」も禁煙になるとのこと。これでJR東日本担当の列車で喫煙できる普通車指定席が全滅することになり、他にもJR九州が全列車全面禁煙になるとのことで公共交通機関の取り組みを感じます。

ダイヤ改正後あけぼので喫煙できるのは「A個室」「B個室」だけ、これは完全分煙の達成でもありますね。受動喫煙防止条例案では交通機関は禁煙の対象で実質的には影響はわずかですが、それにしても飲食店はと思ってしまいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
愛煙家にとって、厳しい時代になってきたようですね。
σ(・_・)も禁煙になってかなりになりますが、隣の家(玄関向かい)から、かなりのタバコ臭が、
玄関の中にまで香って来る事しばしばです。
道路を歩いていても、歩きタバコが減った感じもしませんしね。
でも、レストランや飲食店は分煙とか禁煙をこまめにしてるようで、
食べていても気にならなくなりましたね。
但し、蕎麦やラーメン屋、居酒屋等はまだ分煙とか禁煙のお店が少ないようで・・・
駅の構内も、狭い喫煙ルームで酸欠の金魚のように、プカプカとタバコを吸っている、
老若男女が・・・
凸ねこ
URL
2009/01/14 23:17
やっぱり、一律に全部を!としたことが無理だったんでしょうね。
仰るとおりに、実現した店に飴を与えるようにしないと、なかなか進みません。
特に、分煙と言うのは、実際問題、意味が無い場合が多く、喫煙化の店と、完全禁煙の店、と言うわけ方なら良いかと思うんですけどね。

パチンコ屋が骨抜きになったのは、言わぬが花かもしれません。
クルトンパパ
2009/01/15 06:28
凸ねこさん、
>レストランや飲食店は分煙とか禁煙をこまめにしてる
大型の店の取り組みは実際問題はある程度進んでますよね。席を離すことと排気がうまくいけば仕切りなしでも容認できる人は多いと思います。
>狭い喫煙ルーム
北海道は喫煙ルームですか。こちらの方はほとんどの駅で喫煙ルームすらありません。

クルトンパパさん、
>実現した店に飴を
今回の神奈川県の取り組みで欠けていたのはそこだったのでしょうね。アメをもらうか、ムチを食らってでも喫煙可にするか、ということにすればお店の判断で終わりだったのですから。
>実際問題、意味が無い
逆に小さい店の場合、席を分けるだけの分煙だと意味がないですよね。完全禁煙は選択肢として可能なのですから、もう少しそうした取り組み(店側も客側も)があってもいいと思います。
>〜屋が骨抜きになったのは、
直接関係あるかないかは定かではないですが、NGワードに引っかかって開放が遅れました。どの言葉が引っかかったのかは、言わぬが花かもしれません(爆)。
なかたん
2009/01/15 08:23
全国的に注目された話題。
神奈川に先んじる都道府県が出てくるでしょうかね。
こもれび
2009/01/15 20:18
ん〜おそらく別のことに躍起になって禁煙・分煙を推し進めようという県は実は少ないかもですね。
なかたん
2009/01/15 20:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

残念ながらまたしても政治の骨抜き 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる