館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 自動放送で案内してくれるのはいいのですが…

<<   作成日時 : 2008/10/26 14:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像最近写真の電車で明治神宮前に行き、副都心線に乗り換えることがたまにあるなかたんです(でも実際にこいつに乗ったのは1回だけですが)。

副都心線では明治神宮前と降りる駅、ともに各停しか止まらないので結果的に東新宿での通過待ちを指をくわえてみているしかないのですが、東新宿を出てポイントをゴトゴト渡ると次は西早稲田。

するとこんなちょっと違和感を感じる放送が入ります。
「早稲田大学理工へおいでの方は…」
「早稲田大学理工学部」でもなければ「早稲田大学理工学術院」でもないですし「早大理工」でもなくて「早稲田大学理工」。その違和感は、口に出してみるとよりわかるかと。

でも冷静に考えると納得せざるを得ないんですよね。学部分割で「理工学部」はすでに消滅、「早大」だと初めての方はぱっと気づかない、現在の学部名称では体を表しきれない、「理工学術院」や「大久保キャンパス」はさらになじみがない。消去法で「早稲田大学理工」になってしまうのはやむを得なかったのでしょう。

あと、もう一つしょっぱいのは、8両編成の停車位置。副都心線の各停は大多数が8両編成、まれに10両編成。ところが、停車位置を池袋側でそろえた(こちらの方がお客さんが多いと踏んだのでしょう)ので、渋谷側2両分余ってしまいます。早大理工出口があるのは渋谷寄りのホームの端、そう、2両分歩かされることになるんですよね。だからこそ案内放送するのかもしれませんが、やっぱりちょっとしょっぱい。

さらに、副都心線・西早稲田駅が開業した今は当然解消されていますが、理工学部付近の工事現場の塀に写真の電車07系が描かれていたというのもまたしょっぱい。せっかく描いてもらった07系も、副都心線に入れないどころか有楽町線を追われ(ホームドアに合わないため)、まさか東西線の帯を着けて千代田線を走ることになろうとは。

そんな副都心線西早稲田駅すぐそばの「早稲田大学理工(ぉぃ)」では例年のごとく学園祭に当たるイベント「理工展」を開催します。期間は11月1日〜3日の3連休。地図は…いらないとは思いますが、一応昔書いた記事参照ということで。ところで、ちょっと調べていたらなんとRobot Watchにてこんな記事(10/20付け)を見つけてしまいましたですよ。

早稲田大学理工学部の学園祭にて「ロボット大会 in 早稲田」開催

 2008年11月3日(月・祝)に、東京・新宿区にある早稲田大学大久保キャンパス63号館 2階会議室で「ロボット大会 in 早稲田」が開催される。主催は理工展連絡会 ロボット大会 運営チーム。時刻は9:30〜17:00、参加費及び見学は無料。

 ロボット大会 in 早稲田は、11月1日(土)〜3日(月・祝)のスケジュールで開催される早稲田大学理工学術院の学園祭「第55回理工展」内で行なわれる二足歩行ロボットの競技大会で、(以下略)
ロボット好きの方でしたら3日に行くしかないですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
多分
早稲田大学 利口・・・

違いますね。ヾ(_ _。)ハイ…
凸ねこ
URL
2008/10/26 15:59
早稲田大学(&)リコー

某コピー機メーカー…そんなものはないようです。
なかたん
2008/10/26 17:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

自動放送で案内してくれるのはいいのですが… 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる