館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 携帯見てびっくり、というほどでもないけど ついにWが…

<<   作成日時 : 2008/05/01 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「渡辺監督の埼玉西武ライオンズ、5試合連続ホームラン3本以上!」…これではありません。しかも今日はチームは勝ちましたがホームラン2本で連続記録ストップ。

携帯電話のとあるサイトで知ったのですが、山陰中央新報によるとJR西日本境線、米子空港滑走路延長工事で空港近くに作る駅をその名も「米子空港駅」、開業日を6月15日と発表したそうです。記事の写真から見るに、場所はだいたい地図の位置付近でしょうか。線路からずれていますが、滑走路延長工事で境線は東側に迂回することになるのでそんなに外れた場所にはならないと思います。

米子空港といえば、その特徴の一つが「空港の近くを空港の存在とは全く無関係にJRの線路が走っている」ということ。名実ともに空港近くに駅ができることになります。地図の範囲の南、空港の拡張する敷地にかかってしまう大篠津駅が移転、ということに近い形になります。大篠津駅は消滅ということになりますが、「大篠津」の名前を残したいということでさらに一つ米子よりの御崎口駅を「大篠津町駅」に改称することも併せて発表になっています。

画像では今現在はどうなのかというと。空港と境線のアクセスは、空港から徒歩10分強の中浜駅が担っていました。実際に2年前に行ったのですが、当時は中浜駅はホーム1本の小さな無人駅。とても空港最寄りには見えません。しかし、「当時」という言葉を使ったように今は姿を変えているそうです。線路切り替えで消滅する大篠津駅、実は列車のすれ違い設備を持っていました。この交換設備を中浜駅に移設、中浜駅自体も少し北に移転して3月のダイヤ改正から使用を開始したそうです(気がつかなかった…)。つまり、この写真はもはや「懐かしの姿」ということに。でもやはり中浜駅は無人駅だそうで。

境線でつけられている「妖怪の駅名」、これは現在の順序を引き継ぐとのこと。米子空港駅にも当然妖怪の名がつくので、米子空港は「日本一妖怪に出会える所に近い空港」ということになりそうです。あ、今でもか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

携帯見てびっくり、というほどでもないけど ついにWが…  館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる