館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 山と溪谷Watch(多分違)

<<   作成日時 : 2006/10/12 09:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

このブログにもよくご登場いただいているImpress Watchですが、そこを運営するインプレスグループが出版社の「山と溪谷社」を子会社化すると発表がありました。

自分は山に登るわけではないのでここにお世話になることは少ないのですが、登山する方たちにとっては「山と渓谷」はバイブルみたいなものでしょう。しかしながらご他聞にもれずインターネットでの情報提供が進むにつれ、出版物中心では少し辛いかなーというような感じが見えます。

一方、インプレスはその波にうまく乗って特にITでは大きな地位を築いたという感もありますが、自然分野では当然それほど強くなく山渓を子会社化することでそちらの分野への進出を図るのでしょう。

というわけで思いついてしまうのが「山と溪谷Watch」なんですが、分野違いでそうはならなそうで残念(爆)。



最後にひとつ。
画像画像

なかたん写真館より、「山」と「渓谷」。

…非常にベタなギャグをかましてしまいましたことを深くお詫び申し上げますm(_ _)m。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
夕焼け、綺麗っすねえ!
渓谷もせせらぎの音が聞こえてきそうです^^
クルトンパパ
2006/10/12 11:53
すみません、本当にベタなギャグで(爆)。
なかたん
2006/10/12 13:12
「山と渓谷社」といえば、結構昔に「ヤマケイハンドブック」で鉄道会社の本を多く出していましたね。学校の図書館で全館読み漁ったのを覚えています。
のぞみくん
2006/10/12 23:27
>鉄道会社の本
そういえばあった気がしますね(相当昔のことなのでよく覚えてない)。日本で昔作られた鉄道は「山と渓谷との戦い」といっても過言ではないといえそうで、そこが縁だったのでしょうか(多分違)。今はトンネルを武器に山としか戦ってませんが。
なかたん
2006/10/13 09:15
ワタミが老人福祉施設を展開している世の中ですから。
こもれび
2006/10/13 10:42
なかたんは、ネットでインやグループなどを発表しなかったの?
BlogPetのにゃこた
URL
2006/10/13 13:21
こもれびさん、
>ワタミ
某「生戸」も中古車に乗り出しましたからねぇ。1年持ちませんでしたが。

BlogPetのにゃこたさん、
>グループ
ええと、これは「BlogPetのグループを作ってくれ」というリクエストと受け取ってよろしいのでしょうか?この場合、ぴょこた側で作ることになりますが…。
なかたん
2006/10/14 11:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

山と溪谷Watch(多分違) 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる