館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS エスカレーターのモヤッと

<<   作成日時 : 2005/03/07 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

土曜日あたりから注目テーマに「鉄道」が選ばれています。記事執筆時点の投稿数トップとして楽しみであるとともにプレッシャーを感じるなと思いつつ今日も鉄道ネタを書きますか。

自分が現在乗り換えに使っている駅は、ホームが地下5階にあるターミナル駅。地下3階の改札まで、エレベーターが1基、エスカレーターがたくさん、あとは階段があります。関東地方の駅なのでエスカレーターに立つ人は左側、右側は歩く人のためにあけるという不文律があります。まあ、地下深い駅なので別にこれはいいのですが…

2台並んでいる上りエスカレーター、電車からお客さんが吐き出されると「それぞれ」左側に立って右側は開き、急ぐ人が登っていくのです。これだけならば一見なんでもなさそうなのですが、エスカレーター入口ではそれぞれ「左側に立つ人」で渋滞ができ、右側を歩く人が入りづらくなる(特に左のエスカレーター)という現象が発生してしまいます。「2台のエスカレーターのうち1台が止まる人、もう1台が歩く人用」とかいう風にはならないでしょうか。そのほうが動線的に効率的だなと思います。

さらに、地下3階の改札を出て地下2階の踊り場、地下1階の自由通路に向かうところもエスカレーターが1台しかなく(あとは階段)、その下でも渋滞が発生します。急ぐ人が右側を通ろうとしても人の波をかき分けるのが大変なのでかえって遅くなるか、あきらめて階段を登るか。もちろん左側に立つ人は左側に立つことにこだわるので、妙に右側が開いたエスカレーターができて、渋滞のせいで立つ人も遅くなります。

う〜ん、この習わしを改定して、「すいているときは左側に立つ、後に人が並ぶようなら右側にも立つ、急ぐ人用に階段かもう1台あればエスカレーターを開ける」という風にしないとだめそうですね。でも自然発生した習わしがたかがブログの記事1個で変わるかどうか。

で、エスカレーターの改良をメーカーに求めても「歩くことは想定しとらん!」の一言で終わりなんでしょうな。

アクセスありがとうございます。
2004年6月19日より(館長の不定期記合計) 今日 昨日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

エスカレーターのモヤッと 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる