館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「携帯電話に物申す」について

<<   作成日時 : 2004/07/19 10:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

携帯電話に物申す」について

「電車モード」、大賛成です。

というより、優先席の事実上の定義、
「優先席は若者がふんぞり返る場所であり、そこでは携帯電話で大声で通話してよし」
というのはどうにかならないのでしょうか?
なぜなら、
  1. マナーが身についている人は携帯電話の電源を切りたくないので優先席から離れる
  2. 優先席が空くので、中途半端なタイミングで乗車するふんぞり返りそうな人がそこに座る
  3. 優先席は車両の端っこに多いので、ふんぞり返りやすい
  4. そんなマナーなどお構いなしなので当然携帯電話で通話
  5. だからお年寄りなど席を必要とする人が来ても譲らない
こんなの一部の電車だけだと思いたいですけどね。

アクセスありがとうございます。
2004年6月19日より(館長の不定期記合計) 今日 昨日


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに、本来の優先席の定義と、現状の定義からすると、
大きくかけ離れている場所だと思います。

こうなったら、優先席の定義を、

・お年寄りや身体の不自由な方用
・妊婦の方用
・それ以外の傲慢な若者が勝手に座る席

と大きく窓に書いておくとかいかがでしょうか。
けいた@一筆恵上
2004/07/19 18:22
けいたさん、コメントありがとうございます。
「全席優先席」扱いの横浜地下鉄じゃ難しいと思いますが、ほかのところならこのぐらい言ってもいいかもしれないですね。
なかたん
2004/07/21 13:57

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

「携帯電話に物申す」について 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる