直前予想!2014流行語大賞

なんとまあなんだかんだで丸8ヶ月ブログをサボってしまったわけで。でも例年通り流行語大賞の予想はやりますよ!



女性部門


「輝く女性」が大いに話題になったこの1年。その結果が「STAP細胞はあります」!あれ?そんなわけで「壁ドン」からの「J婚」にあこがれる「こじらせ女子」は「女装子」とともに「JKビジネス」に手を出してしまうのか。



ハラスメント部門


恋愛をこじらせた結果「リベンジポルノ」に遭ったり、いい結果に出ても「家事ハラ」「マタハラ」に遭ったり。こればかりは自分の努力ではどうにもならんからなあ。



政治部門


で、せっかく努力して議員さんになっても「セクハラやじ」を飛ばしてはいけません。自分の身を守ろうと「集団的自衛権」を「限定容認」して「積極的平和主義」をとっても「壊憲記念日」と言われては世話ないですし。ところで「トリクルダウン」まだー?



国際部門


降ってくるはずの富は「ビットコイン」のごとく塵と消えてしまうのか。そうこうしているうちに「イスラム国」が台頭し、香港では「雨傘革命」が。



広島部門


傘で防げる程度の雨ならいいのですが、広島では「バックビルディング」現象が「まさ土」を襲い大きな被害。それでも「カープ女子」は負けません!



スポーツ部門


「勝てない相手はもういない」と自信を持ち「リトル本田」が後押しして「レジェンド」原田や「ゆづ」が大活躍。しかしエースが「ハーフハーフ」だったフィギュア女子シングルはグランプリファイナルに誰も出場できず。



アニメ部門


「ありのままで」「レリゴー」するのも大事なこと。まあゆっくり休んで「妖怪ウォッチ」でもしましょうか。



CX部門


でも「昼顔」だった(違)笑っていいとも!を失い「タモロス」に陥った「マウンティング(女子)」は…。



芸能部門


失ったものをとやかく言ってもしょうがないので「ごきげんよう」と「こぴっと」言います。だから「塩対応」は「ダメよ~ダメダメ」!



医学部門


そういえば芸能人が国内で「デング熱」感染したというのもありました。国外では「エボラ出血熱」が猛威をふるっていますが、「アイス・バケツ・チャレンジ」のような支援の輪は広がるのでしょうか?そして迎え来る「2025年問題」。その対策や如何に?



食べ物部門


なので「塩レモン」でも食べて健康維持に努めましょう。「ミドリムシ」も効果的らしいし。でも「ワンオペ」牛丼はノーサンキュー。



その他部門


まあ「ゴーストライター」とか「号泣会見」とかいろいろあったわけで。「消滅可能性都市」に住む「マイルドヤンキー」が「危険ドラッグ」に手を出してしまっても、「絶景」は永遠に残したい。



で、予想予想。上位が少し迷ったのですが、これにしてみました。
「レジェンド」
「ダメよ~ダメダメ」
×「ありのままで」
「危険ドラッグ」
「輝く女性」
「集団的自衛権」
「マイルドヤンキー」
「壁ドン」
「妖怪ウォッチ」
「エボラ出血熱」

まあ去年の「年間大賞が4個」みたいなとんでもないことは起こりませんよね?

この記事へのコメント

2014年12月01日 20:02
そんなわけで結果。
年間大賞:⭕△
トップテン:◎×▲△△………
「輝く女性」じゃなくて「マタハラ」だったかー。
2014年12月07日 13:17
↑今更ですが、年間大賞は○△。変なタブレットでコメント書くんじゃなかった。

この記事へのトラックバック