さよならグリーンぽけっと。またはついに窓口縮小。

今年1月のこと。Twitterでクイズを作る大喜利「QuizzerXQuizzer(@_Qui2)」でこんな問題を作りました。




めでたくこの問題は優勝をいただきまして(ありがとうございます!)。ところが半年後そのグリーンぽけっとを待っていたのは全店舗閉鎖という過酷な運命でした。

携帯百景(ケイタイヒャッケイ) 写真の張り紙やプレスリリースによると、グリーンぽけっと全店舗営業終了、星川の定期券売り場閉鎖、残った定期券売り場の営業時間を7:00~20:00に統一とのこと。相鉄の窓口業務が大幅に縮小されることになります。

相鉄の場合、すでに通勤定期または学年をまたがない通学定期は全駅の券売機で購入できる状況。三ツ境以外の定期券売り場は現在営業時間が初電から終電(一番長い大和だと午前5時前から午前1時過ぎ!)だったので他の鉄道会社の実態に合わせたと言えなくもありません。

一方のグリーンぽけっと、取扱品目を見てみると…切手やチケットなら大体コンビニで間に合うじゃん。グッズはインターネットやイベント会場で販売、あとは滅多に使わないものばかりでわざわざ駅に行くメリットが(相鉄側から見るとわざわざ駅で扱うメリットが)ということになります。ある意味役割が終わった、ということですね。

消費税税率変更の対応がどうなるかは相鉄については聞こえてきませんが、最近ICカード専用改札が増えたり、車両面では11年前からJR東日本の事実上のOEM(10000系以降のことです)を導入したりと、時代が変わって相鉄もだんだんと普通の私鉄になっていくのかもしれません。

この記事へのコメント

2013年06月21日 06:51
とりあえずこの記事の気持玉を閉鎖しました。立て続けに投稿されたリンク付き気持玉のブログ名を見る限り宣伝目的と推測されたからです。

今後やほかの記事をどうするかは別途検討します。

この記事へのトラックバック