ムーンライトながら、ついでに。

ムーンライトながら、ついに!!」について資料にした時刻表ですが、ちょうど東海道新幹線開業40周年ということで関連記事が載っていました。

その記事では当時の東京駅・東海道本線の長距離列車も紹介されていまして、今ではありえない列車がごろごろしていたのですが、その最後の列車「普通列車大阪行き」。これって今で言う「ムーンライトながら」の前身ですね。当時は大阪まで行っていたのですか。自分の生まれるはるか前の話です。

これを見て、「ムーンライトながら」を大阪延長してほしいと思ったのは自分だけでしょうか。大垣で乗り換え、早く着くからとさらに新快速に乗り換え、大阪は結構遠いのです。定期便の車両は昼の仕事があるようなので難しいでしょうが、18きっぷシーズンの91・92号ならできるはず。でもJR西日本が「いいよ」と言うかな?

アクセスありがとうございます。
2004年6月19日より(館長の不定期記合計) 今日 昨日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

姫路出身の文京区民
2004年09月22日 20:46
どうせなら「ムーンライト新快速(東京発網干行)」なんてどうでしょう。
なかたん
2004年09月25日 15:24
姫路出身の文京区民さん、お返事が遅れましたm(_ _)m
現状の下り定期便でさえ豊橋からわけわからないことになるのに、新快速にした日はどうなるのでしょう?

この記事へのトラックバック

  • 「銀河」と「ながら」

    Excerpt: なかたんさんのブログを見ていましたら、このような記事がありました。 ぼくが気にな Weblog: がんばりません racked: 2004-09-24 00:21