館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS DMVって使いやすい乗り物、なのかなあ?

<<   作成日時 : 2012/07/21 21:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

JR東日本仙台・盛岡両支社から気仙沼線の暫定バス代行が発表されました。年内にBRTとしての仮復旧を予定していますが、一部区間の専用道整備と駅舎の改修、バスロケーションシステムの整備を行い現地学校の2学期が始まる8月20日に運行を開始する、とのことです。

現地の状況がわからない門外漢が口を挟むことではないですが、驚いたのは思いの外運行本数が多いということ。区間にもよりますがおおよそ倍増で、さらにBRTの本格運行時に増発も行うということです。バスですから気動車に比べれば輸送力が小さいですからね。バスとして運行する利点を生かして、ベイサイドアリーナ駅を新設、南気仙沼は市立病院入口に移設するとのことです。ところで、ベイサイドアリーナ駅は志津川基準の運賃計算になるとのことですが、志津川からベイサイドアリーナだけ乗る場合はいくらなんでしょう?

さて、今回発表になったバスの車両デザインを見て、一つ気になったことがありました。現在JR北海道が開発中のDMV、ひょっとしたらバリアフリー的には不利なのではないかと。ノンステップバスなら電車(仙台付近ならE721系)に劣るとは言え少ない段差で乗ることが可能、しかしマイクロバスベースのDMVでは現状だとどうしてもいくらかの段差ができてしまいます。

また、DMVはマイクロバスベースなだけに普通のバスと比べてどうしても輸送力が落ちるという課題があります。今回のBRTには関係ないと思いますが神奈中のツインライナーなど連接バスもありますし。

今回のような気仙沼線レベルのローカル鉄道の災害復旧を目指すときにはDMVが好適かなと考えていたのですが、ちょっと考えを改めた方がいいかもしれませんね。DMVを完全否定するほどではありませんが、せめてノンステップバスベースのDMVがあった方がいいのかなと思います。単純な鉄道レベルでもレールバスを導入したり失敗したりと実は難しい、ローカル線の輸送力設定。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

DMVって使いやすい乗り物、なのかなあ? 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる