館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS JR東日本の特急グリーン車激うま論

<<   作成日時 : 2012/01/07 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今更ですが明けましておめでとうございます。細々になってしまいましたが今年も本ブログ「館長の不定期記」をよろしくお願いします。

携帯百景(ケイタイヒャッケイ) 3月のダイヤ改正でいろいろな車両が引退しますがもうちょっとがんばる新幹線200系。正月にお別れ?しに行ってきました。


携帯百景(ケイタイヒャッケイ) で、その帰りはやっぱり200系ですがグリーン車でプチ贅沢。えきねっとのトクだ値で押さえたのですが、思ったより差額が大きくなかったのです。


さて、ここで思ったのが、「JR東日本の特急ってうまく使えばグリーン車は激安なんではないか?」ということ。

JR東日本のグリーン車といえば、普通列車のそれが有名(だし自分が使うのもたいていこれ)ですが、普通車との差額が最低550円かかります(実は湘南ライナーを使うことで差額を最小250円にすることもできたりして)。

一方、JR東日本内特急列車のグリーン料金は100kmまで1000円、200kmまで2000円、300kmまで3000円、700kmまで4000円、701km以上が5000円。まあ701km以上は新青森-上野・東京間くらいになりますが。で、ここで実際に特急のグリーン車に乗るときの料金の計算方法を書くとJR東日本の場合「通常期の指定席特急料金から510円を引いた額(=自由席特急料金)にグリーン料金を加算」、さらに「普通車指定席特急料金は繁忙期は200円増し、閑散期は200円引き」となります。

ということは「繁忙期に100km以内でグリーン車に乗る」時は…
グリーン車-普通車=1000-(510+200)=290
すなわちたった290円の差額でグリーン車にできてしまうということなんですよ。列車の編成にもよりますが、たとえば今回の新幹線200系では普通車は「リクライニングさせないときつきつシート」、ここから290円で解放されるのは結構おいしいとも言えます。

ちなみにJR九州内の特急グリーン料金は原則100kmまで1000円(それ以上の距離もJR東日本以下の水準)ですが九州新幹線を除いて繁忙期が存在しない、そのほかのJRは特急グリーン料金は100kmまで1240円とJR東日本ほどのうまみはないですが。あ、でも、九州のかいおうはグリーン車を普通車的な指定席代わりに使うこともあってグリーン料金300円です。列車は限られますがグランクラス・DXグリーンの存在を考えるとJR東日本と九州はグリーン車を「JALでいうところのクラスJ」に位置づけているとも考えられますね。

ただ、この激安理論のだめなところ、「特急で100kmくらいなら自由席を使っちゃおう」と普通ならなるところ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

JR東日本の特急グリーン車激うま論 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる