館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 10両編成万歳!2011

<<   作成日時 : 2011/05/01 16:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月です。1日の広報紙に掲載できるよう…あれ?紙面リニューアルで載ってない。ですが、28日に小田急の鉄道事業設備投資計画が発表されました。今年度はD-ATS-Pの地上設備を江ノ島線でも設置したり新宿駅のホームドア設置を含めた改良工事を開始したりするほか、やっぱり10両編成に関する話題がいくつかあるようです。

一応、去年の記事はこれ

10両その1:千代田線に行けない10両固定編成、ますます


携帯百景(ケイタイヒャッケイ) この間とある雑誌を持って乗り、帰宅後その雑誌を見たらまさに乗った編成が載っていた3000形10両編成。車体はやはり3000形のままでしたが、車内の手すりなどの違いやや既存車両に加えた改造などいろいろな苦労話が出ていました。

そんな3000形10両化ですが、今年度は3編成分に当たる12両を新製し既存の6両編成に組み込みを行うようです。10両編成全体の担当になる4000形は今年は10両1編成、なんと今年度は「4000形よりも1世代前の3000形の方が新製両数が多い」という状況になってしまうようです。


10両その2:MSE10に仲間が増える!


携帯百景(ケイタイヒャッケイ) 6両編成と4両編成が存在するMSE。6両編成は2本体制でデビューしその後1編成増備があったのに対して4両編成は一人孤軍奮闘(通常6両編成にくっついているとはいえ)という状態だったのですが、今年度は6両編成と4両編成1本ずつ計10両を新製するという発表がありました。

今まで4両編成が検査などで使用できなかったときは10両編成の列車を6両に減らすという形でしか対処できなかったのですが、これが解消するとともに、ホームウェイ用のEXE10との共通予備にもなりそうです(EXE10が使用できないときはLSEなどが代走してやっぱり座席数が減ってしまうのであった。満席になることが多いのに…)。


10両その3:引き続きホーム延長


現在南新宿のホームの10両化が工事中、これを引き続き進めるということです。これに関する効用は去年書いたので省略。



画像一方、今回の発表で予測される寂しいニュースも。合計6編成が残る5000形・5200形4両編成、この存在がいよいよ危なくなってきた可能性があります。普通に見積もれば置き換えられる4両編成は4本分ありますからね。さらに、
より安全性の高い新たな列車制御システム(D−ATS−P)の全線設置を目指しています。今年度は車両搭載設備の設置、および多摩線における地上設備工事を完了する予定です。
との文言から、D-ATS-P取り付け対象外の古い車両は相当やばいとみていいでしょう。

いわゆる小田急顔、2011年度はその終焉となってしまうのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

10両編成万歳!2011 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる