館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪奇!ミドリグマ!

<<   作成日時 : 2009/10/17 18:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

えー、まず下の2枚の写真をご覧ください。上が和歌山県はアドベンチャーワールド、下が神奈川県はよこはま動物園ズーラシアの、どちらもホッキョクグマです。というか8〜9月の1ヶ月と1日の間に2回もホッキョクグマ撮るな。

DSC_6998
DSC_7455

明らかに色が違うんですよね〜。ホワイトバランスとか光線状態とか露出とかいくつか条件の違いはあるかも知れませんが、それでは説明が付かないくらい。普通シロクマと言えばアドベンチャーワールドのやつの色を想像するので、ズーラシアのシロクマには違和感でいっぱいです。

違う場所でですが、本日のYahoo!掲載読売新聞で謎解きが出ていました。

「ミドリグマ」藻が犯人…毛表面に穴、侵入し増殖

 シロクマが、ミドリグマに?――名古屋市の東山動植物園にいるホッキョクグマの体毛が昨年、半年間にわたって緑色になった原因について、岡山理科大の福田勝洋教授(動物形態学)らが調べたところ、体毛の表面に微小な穴が多数開き、藻が侵入して増殖していたことがわかった。
(中略)
 ホッキョクグマの体毛は無色透明だが、ストローのような特殊な構造で、光が散乱して白く見える。当初は、地面に体をこすって傷んだ毛に、施設内のプールで、夏場に増えた藻が入り込んだと考えられた。しかし、通常は藻が多少繁殖しても毛は染まらず、なぜ変色したのか謎だった。

 福田教授は、別の動物園のクマの体毛なども採取し、電子顕微鏡で比較。今回の2頭の体毛表面に、直径100分の1ミリほどの多くの穴が見つかり、そこから「藍藻(らんそう)」が入って増殖していることを突き止めた。藍藻に穴を開ける能力はないことも判明。「穴を開ける微生物と共存している可能性が高い」としている。
ホッキョクグマの飼育・展示において東山動物園とズーラシアに共通して、かつ、アドベンチャーワールドには当てはまらないことと言えば、日光のよく当たる屋外であること。藻にとって屋外と屋内では前者の方がいい環境なのは言うまでもありません。自分は一回見ただけなので何とも言えませんが、ズーラシアのシロクマの色が変なのは季節が一致することもありこの可能性がありそうです。洗えば落ちるかもですが。

DSC_7115一般的に動物園ではフラミンゴを赤くするためにエサを変えていると言いますし、飼育を自然に近づけるのはなかなか大変なようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

怪奇!ミドリグマ! 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる