館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和のVVVF

<<   作成日時 : 2009/08/05 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

携帯百景(ケイタイヒャッケイ) 写真はもうすぐの引退が噂されるJR東日本常磐線(千代田線直通)の207系900番台。これを撮ったのは7/14のことですが、本日この文章が嘘になってしまいました(爆)。つまり、今日もまた乗ったと言うこと。せっかくなのでこいつが生まれた昭和61年頃の話を。


今では当たり前ですが昭和60年代当時はまだ出てきたばかりの「VVVFインバータ制御」の電車。ちょっと難しい話ですが、「頑丈で出力も大きい三相交流誘導電動機というモーターを電車で使うための技術」と思っていただいてかまいません。これでもまだ難しいですが。

試験的な改造ではなく新型車両でVVVF車が関東地方に出てきたのは東急9000系が初めての感じでしょうか。登場は昭和61年の話です。そこで当時の国鉄も試作として手を出してみることに。ちょうど常磐線各駅停車(千代田線直通)で需要があったので山手線205系の車体を元に地下鉄対応にした207系900番台が登場。試作なので10両編成1本だけです。それにしてもよく営団地下鉄(当時)という他社乗り入れでチャレンジしたな、と。

しかし聞くところコスト面で合わず当時はボツに。その後はご存じ205系の大量増備、山手線のみならず横浜線・埼京線などを埋め尽くしていき、JR東日本としてのVVVF車リベンジは209系まで待つことになってしまいました。

でも不遇な運命をたどりがちな試作車にあって207系900番台は何とか生きながらえ。だましだましでしたが今まで活躍を続け、修理部品の問題などもあって今年先輩の203系より先に引退するという話。お疲れ様でした。

さて、同期付近のVVVFの新車といえば、関東では東急9000系、新京成8800形、相鉄新7000系の後期車(以下7050)、小田急1000形などが思い浮かぶところ(すみません、関西まではさすがに)。国鉄→JRの207系900番台も含めてこれらに共通するのが「加減速のときに変な音を立てる」ということです。文字では説明できません。小田急1000形の一部は(新京成8800形も?)ちょっとした改造で音が変わってしまいましたが、東急9000系と相鉄7050はこれからも変な音が健在の予定です。

そしてちょうどこの頃が自分の青春時代(ぉぃ)。東急9000系と相鉄7050(当時は改造車の3050と5050もいた)によく乗る生活を送っていたので昭和のVVVFサウンドは「我が青春の音」と言っても過言ではありません。この音って評判が悪かったのか最近の新車では素子を変えることなどでちょっとまともな音になってきましたが(それでもE231系近郊タイプのような奇妙なものもあるけど)、今ではVVVFがどの会社でも新車なら使われるようになりVVVFの果たした役割はそれこそ「パラダイムシフト」と呼ぶにふさわしいものになりました。

さて、電車技術の次のパラダイムシフトは一体何になるのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの近所で引籠もってるやつで考えてみると、シングルアーム化が進んでいるパンタグラフとか車内情報装置とかDDM(だいれくとどらいぶもーたー)とか純電気ブレーキなどですかね。
あの頃の新京成線は積極的に新技術を取り入れてましたね。
自分にとってのVVVFインバーターサウンドは209系からE217系に続く擬似釣り掛けモーター音ですね。
でも、更新車は音が変わってしまったので残念です。
まひろ
URL
2009/08/08 23:12
>あの頃の新京成線は積極的に新技術を
相鉄も独自性を保ちつつ、VVVF導入やセミクロスシートなどがんばっていましたからね。つりかけ車がVVVFになってしまったのを初めて見たときは非常にびっくりしました。それがどうしてあんなことになってしまったんでしょう>両社。

>更新車は音が変わってしまった
記事内でも触れましたが小田急1000形もブレーキの改造で音が変わってますよね。そんなに大それたモーターまわりの改造はしていないはずなのに音を変えることができる、というのもVVVFの不思議なところです。
なかたん
2009/08/09 14:59
関西だと昭和生まれのVVVF車は近鉄7000系(京都地下鉄直通用3200系)・大阪市営地下鉄20系・北大阪急行電鉄8000系ポールスターが該当します。ただ、近鉄と大阪市営地下鉄はけいはんな線対策で制御装置そのものが交換されてしまいましたが・・・。

西武20000系と黄色い車体の9000系は全く同じ制御装置を使っているのですが、内部ソフトウェアを変えている(アルミ車体と鋼製車体との特性に合わせて)事もあって音が異なっています。じきに消滅する京急のシーメンスVVVFも内部ソフトウェアで起動音を音階化していることから、ソフトの調整具合では国産でも起動音の音階化も出来そうな感じですが、日本のメーカーも頑張って欲しいものですね。
astroboy-nj
2009/08/21 00:10
昨日やっと帰ってきたので返事が遅くなりました。しかも関西方面から(といいつつも新大阪乗り換えだけであとはほぼスルーですが)。

>近鉄7000系・大阪市営地下鉄20系
この連中は以前乗ったことがあります。しかしけいはんな線対策は車両の転属を伴うなど結構大規模だったみたいですね。新20系の方が音的にはぼろいとは…。

>西武20000系と黄色い車体の9000系
なるほど!こういうところで微妙な条件の違いを吸収することもあるんですね。お互い連結することはないから多少のずれも問題ないですし。
なかたん
2009/08/23 17:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

昭和のVVVF 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる