館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS さよなら相鉄5000系(以下5050)

<<   作成日時 : 2009/01/22 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

平成20年度の設備投資計画で発表されていたことでわかっていたのですが、ついにこの日が来たという所です。相鉄で1本だけ残っていた5000系(以下、その車両番号から5050)ですが、通常運行が2月10日で終了、さらに翌11日の公募制のさよなら乗車会で引退することが発表になりました。

一見「ただの通勤電車」の5050、実際そうなのですが、そのルーツはなんと昭和30年代前半にたどれます。相鉄初の自社発注電車5000系、日立製作所の意欲作として20両が作られました。当時は試作的に少しだけ作られたというイメージではなく、そこそこの勢力をしめたということができるようです。お客さんが少なくて電車の編成が短かったので。車体の形としては18メートル程度の大きさで3ドアなどほぼ同期の東急初代5000系に似ているということもできますが、ボディマウント車体を採用するなど結構とんでもない車両だったようです。通勤電車なのに。

その後高度成長に乗って相鉄のお客さんも増え、もっと通勤電車然とした6000系がデビュー。20メートル4ドアの、現在の電車と同じ形の大型車の時代に入りました。すると小さい車体だと使いづらい、というわけでまずは17メートルクラスの2000系がアルミの車体をもらって2100系に生まれ変わり。続いて昭和47年、5000系も生まれて20年経っていないのに車体を交換するという憂き目(?)に。5100系の誕生です。20メートルクラスの車体をもらって、6000系が新旧合わせて190両という大勢力に比べればわずかですが通勤輸送にがんばる日々が始まりました。自分が物心ついたのが5100系として走っている頃。そんなに知識もなかったので「なんだかよくわからない電車」でした。

5100系の次の転機は昭和の終わり頃、VVVF時代の到来。いい加減足回りが古くなってきたこと、全部の車両がモーター付きの不経済、さらに実はこの頃初期車の4両がモーターの出力不足で事実上使えなかったということもあってVVVFに改造されることに。正式には5000系に戻った形ですが、番号がかぶるのを回避するため下2桁は50以上がつけられました。これが「通称5050」のゆえんな訳で。事実上改造前の8両編成2本を10両編成2本にできたことになり、当時の相鉄の輸送力アップの総仕上げといったら大げさです(爆)。

「足回りが新しい」ことを味方に同時期の車体を持つ2100系・新6000系の引退の中を生き延びましたが、10000系増備のでついに引退することに。1本が解体され、もう1本も運用を離脱してしまいました…と思ったら諸事情で奇跡の復活。さらに奇跡のパンタグラフ交換もあったのですが、同時期の車両は相鉄にはすでになく11000系登場で今後の置き換えも後輩7000系に進むこともあって引退となってしまいました。お疲れ様でした。

ちなみに、相鉄で運用離脱以前にさよならイベント・さよなら運転がアナウンスされるのは自分の知る限り5050が初めて。2100系は特に何もなくひっそりとした引退でしたし、新6000系は一度に運用離脱→しばらく留置の後さよなら運転でしたからね。余談ですがこのときはパスネット時代、「新6000系さよなら記念パスネット」ではなく「新6000系さよなら運転記念パスネット」でもなく「新6000系さよなら運転のお知らせパスネット」があったのが印象的。

ブレーキが相鉄としては特殊なものだったなど異端ぶりを遺憾なく発揮した5050ですが、さすがに老朽化と標準化の流れには勝てませんね。今後は11000系が後を継いでいくことでしょう…っていつデビューするの?車両ができてもうずいぶん経つのに…。



画像あまり関係ないですがこれは後輩7000系。5050とはよく見ると違う所がありますが、素人目には非常にわかりにくいです。まあ、こんな車両だった、と思ってくれ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
捕まえてきました相鉄5000系(以下5050)
前の記事で相鉄5000系の引退について書きましたが、今日は土曜日ということと現在自分はレギュラーの相鉄ユーザーではなくチャンスが少ないということで用事ついでにとっ捕まえてしまいました。VVVF初期世代のこの車両独特のサウンドを聴くのもこれで最後?かと思うと感慨深いです。 ...続きを見る
館長の不定期記
2009/01/24 15:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

さよなら相鉄5000系(以下5050) 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる