館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS トンネルはこれからも山と戦う

<<   作成日時 : 2008/10/07 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の朝日新聞にこんな記事が出てました。

リニア新幹線「南アルプス直下ルート」 JR東海方針

 JR東海は、東京―名古屋で25年の開業を目指すリニア中央新幹線を、南アルプスをほぼ直線に貫くルートで建設する方針を固めた。建設費や乗車時間の面で有力だった直線ルートについて、課題だった地形や地質上の問題を克服できると確認できたため。
どうやらトンネルで中央アルプス突破を目指すようです。技術で山脈越えすることであくまで距離・時間短縮を目指す姿勢、うん、漢だ。

考えても見れば日本の交通や国土の発達はトンネルに支えられた側面が大きいんですよね。この間の旅行ルートもまた然り。

何もなさそうですがこの下にはトロリーバスの走る関電トンネル。破砕帯を突破しなければ黒部ダムやアルペンルートの完成もなかったわけで。

また適当な所に当てて…地図の地点の下にはほくほく線鍋立山トンネル。ここもかなりの難工事で、地圧で機械が押し戻されたこともあったそうです。今ははくたかが在来線とは思えないスピードでかっとんで行きます。

新幹線なんですが、トンネルなのに不自然に曲がっています。なのでわかるようあえて少しずらしました。上越新幹線中山トンネル、異常出水があってルートを変えざるを得ませんでした。最終的にかかった費用はあの青函トンネルを上回るそうで、新幹線とは思えない減速運転(さすがに東京-大宮間より速いですが)でここをクリアしていきます。

このほかにも世界のトンネル元チャンピオンの大清水トンネルも通るなど、本当にトンネルづいた旅でした。リニア新幹線のトンネルもこれを上回るドラマなしでさくっと掘ってもらいたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

トンネルはこれからも山と戦う 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる