館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 例のものが使えなくなるまで、あと3年

<<   作成日時 : 2008/07/24 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そういえばPASMO発売→パスネット販売終了→パスネット自動改札での使用終了の流れは1年足らず、本当に速かったなあと思いつつ、今日は何も手を打たなければあと3年で使えなくなるものの話題。今日は2008年7月24日、3年後は2011年7月24日、アナログテレビ終了です。

アナログのNHKを見た方は、右上の変化に気づいた方もいらっしゃるかと、というわけで本日のAV Watch曰く

NHK、地上アナログ放送で「アナログ」表示を開始
−民放もゴールデン帯の番組冒頭で表示。地アナ停波まで3年

 2011年7月24日の地上アナログ放送停波まで残り3年となった。日本放送協会(NHK)では、24日の午前4時14分50秒から、NHK総合、NHK教育の各チャンネルの地上アナログ放送で「アナログ」のロゴマーク表示を開始。視聴者へ注意を促している。
記事曰く、段階的に表示を強化していくとのこと、剛君が出てくるお知らせもあったり、いよいよ終了告知が本格化してきます。

というわけで、現在そのNHKアナログを見ながら書いているのですが…どうも「アナログ」表示が見にくいような。右上に小さい字、濃さも薄め、自分が見ても映る内容によっては見えないのですから、本当に見せたい相手、すなわちアナログ放送終了を理解していない人や機械の扱いに詳しくないお年寄りなどにとってはなおさら見えてないのかと。今後強化されるとはいえ、もう少し強く意識させた方がいいのでは?と思われます。

また、同記事曰く
 また各放送局では、深夜の放送終了後と早朝の放送開始時に、停波とデジタル受信の準備のお願い、問い合わせ先などを表示する「お知らせ画面」を30秒間もしくは60秒間表示。また、それ以外の時間帯でも、告知スーパーの表示を実施する。
のはいいのですが、それとて時間帯的に「本当に見せたい相手」が見てくれるのかどうか。「本当に見せたい相手」こそ早め早めの対策を取るべきなのではないか、それにはアナログ画面上の周知徹底が重要なのではないか、なんて考えてしまうのです。

さて、3年後、混乱なくアナログ終了はできるのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

例のものが使えなくなるまで、あと3年 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる