館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年もいろいろ考えさせられます、BL賞。

<<   作成日時 : 2008/06/28 15:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

「BL」と言っても、ボーイ(以下略)や、HD DVDに勝ったあれ(ぉぃ)じゃないですよ。前の記事でも少し触れましたが、鉄道友の会主催のブルーリボン賞・ローレル賞が発表になりました。かなり前に(爆)。というわけで、いじっていこうかと。



ブルーリボン賞:「対抗」なき決着、N700系


前年(今回は2007年)デビューの鉄道車両日本一を決めるブルーリボン賞。今年は東海道山陽新幹線のN700系となりました。東海道区間での5分とはいえスピードアップ、東海道規格に完全準拠した上で山陽区間で300km/h運転を可能にするなどこの受賞自体は全く問題ありません。が。そこには「対抗」がいませんでした。

その「対抗」とは、JR北海道のDMV。規定でノミネート対象は「専ら鉄道事業または軌道事業に供される」車両とのこと、DMVは「道路も走りうるから失格」ということのようです。ノミネートされていれば、それこそ逆にブルーリボン賞を戦うにふさわしい(相手がN700系なので実際に勝てるかは別ですが)車両になっていたのではないかと思います。鉄道を取り巻く環境も大きく変わってきているのですから、規定の見直しもあってしかるべきだと思うのですが…。



ローレル賞その1:日本一電車っぽい気動車、キハE200形


卓越した技術・運用システムを持つ車両を選定するローレル賞。まず紹介するのはJR東日本のキハE200形「こうみ」です。走っているときの運動エネルギーをブレーキ時に蓄電池に貯め、駅停車中と発車時はエンジンを止めて蓄電池の電力で動かすというおおよそディーゼルカーらしくないシステムが評価されました。まだ技術検証段階でたった3両と両数は少ないのですが、今後につなげていくことでしょう。

ところで。「JR東日本の気動車」といえば、通常のディーゼルエンジンのキハE130系もノミネートされていましたが、今年はその2ドアバージョンキハE120系もデビューするそうで。ノミネートされるのかな、これ。



ローレル賞その2:腰が低いE721系&SAT721系


画像最後は、写真の車両、JR東日本E721系と共通設計の仙台空港鉄道SAT721系です!

おおっと間違えた!写真の車両は国鉄時代に作られた489系だった!大変失礼しましたm(_ _)m。

しかし、実は写真の現場の489系とローレル賞受賞のE721系には大きな関係が実はあるのです。それは、「ホームの高さとバリアフリーの問題」。首都圏など通勤電車の地区では、駅のホームと電車の床の間に段差がほとんどありません。あったとしてもわずかなもので、普通に歩ける人ならまず気にならないでしょう。

一方、E721系が投入された仙台などの地方ではどうなるか。昔ながらの比較的低いホームが未だに残っていて、電車の床との段差がかなり大きかったのです。このため電車側にもステップを設け、「ノンステップでないバス」に乗るがごとくよいしょっと上る必要がありました。普通に歩ける人でもこれなのに、車いすの方などバリアフリーの観点から見ると大きな問題です。これを車両面で解決したのがE721系というわけで、徹底した機器の小型化で仙台の低いホームに対応、ステップをなくしました。少なくとも「仙台付近の普通列車でE721系の列車については首都圏並みの乗りやすさを達成できた」、ということですね。

しかし、これは「列車を直通させるに当たってホームの高さをそろえるというバリアフリー対策を放棄した」ということもいえます。写真の車両、489系はホームが低い区間に直通することを前提にしているので当然ステップもついています。が。写真の撮影場所は上野駅8番ホーム、通常宇都宮・高崎線の普通列車が来るホームです。ホームの高さがあるのでむしろ「ステップがステップのはずなのに穴になっている」という現象が発生してしまい、バリアフリーどころか普通に乗るのにも大きな問題。ここではホームライナー発車待ちで乗車口限定・時間もあるということでステップ、もとい、穴をまたぐ板を渡していました。出入り口が同様の485系も新潟の一部車両ではステップを埋めたものがあるそうですね。

普通列車では最近系統分割が進んでいるので、車両が違う構造でも乗り換えろ!という話になりますが(それとて低いホームと高いホームの両方を準備する必要はあるでしょう)、長距離を走る特急列車ではこうは行きません。おそらく、バリアフリーの観点からいえば「ホームの高さがそろっている新幹線に乗れ」、という話になるのでしょうね。首都圏と仙台を結ぶ昼間の特急もスーパーひたちだけになって久しいですし。



さーて、来年のブルーリボン賞戦線は?

注目はなんといっても小田急MSE。「xSEの車両愛称を持つロマンスカー7連勝」となるか、「分割できる10両ロマンスカー受難の歴史(EXEが獲れなかった)」が勝ってしまうか。一方、通勤電車に目を移すとTJライナーとスマイルトレイン、いろいろ新たな試みが行われています。個人的にはJR東海のレール運搬気動車キヤ97系に何かあげたいのですが、営業しない車両は対象外だそうなので…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
もうそろそろ北海道でしか走っていない?
ものすっごくスタイリッシュじゃない
ディーゼル機関車DD51も候補に挙がっても
いいのじゃないかと・・・
たまに、トワイライトエクスプレスを
(・∀・ )o――<o―д-)oズリズリしてるのを
目撃します。
凸 ねこ
URL
2008/06/28 20:53
BLと言えば。
ボーイズラ(ry
一瞬、なかたん様はそちら方面の方かと、タイトルで勘違いしてしまいました (*≧m≦*)ププッ。


・・・m(_ _;)m<陳謝。
柴成
2008/06/28 22:28
凸 ねこさん、
>ディーゼル機関車DD51
両賞はデビュー翌年の1回しかチャンスがないんですよ。なので残念ながら、もう無理です。
#でも最盛期の活躍を見ればあげても良かったのかも、と思いますが。

<ぼそっ>
せっかく冒頭に罠を仕掛けたのに引っかからないんだもんな…。
</ぼそっ>

まこさん(あえて「柴成さん」ではなく)、
このあたりのいきさつは2週間ほど前にあったミニログのやりとり参照、ということで。豪快な引っかかり方、ありがとうございます(爆)。
なかたん
2008/06/29 11:45
(ー▽ー)/フフフ、、、甘いですよ。
BLとあからさまに出ていれば・・・
そう簡単には、自分から罠には掛かりませんよ・・・
但し、自爆はしますが・・・
その分は、マコさんが、嵌まってくれた様で・・・
出来れば、リアルなかたんさんの
BLは見てみたいような・・・(ぉぃ
凸 ねこ
URL
2008/06/29 12:30
ぅぁ。
ひっかかっちったですか。
てか、ミニログの「やり取り」段階を表示されてなかった罠がデカイ☆
うはー( ̄◇ ̄;
まこ
2008/06/29 13:46
素早い反応(爆)、ありがとうございます。

凸 ねこさん、
やっぱりご本人様は気がつくんですねえ。

まこさん、
>ミニログの「やり取り」段階
結構前ですからね。というか、自分のあまりミニログを使っていないペットだと「友達のミニログ」ということで上の方に表示されてしまうのですよ。
なかたん
2008/06/29 13:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

今年もいろいろ考えさせられます、BL賞。 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる