館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔の3月16日にあった出来事…

<<   作成日時 : 2008/03/16 14:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像ココロのヤツ。3月8日とまったく同じ日記を書きよって。でもやっぱり今日3月16日は東京で忘れられない出来事があったから記事にしますけど(爆)。


それは17年前の1991年3月16日。地図の場所が象徴するあるものが大幅に衣替えして再スタートしました。え?「地図の場所がちっとも東京じゃない」?いえいえ。追々話の中で出てきます。

前日まで小田急SSE車がちまちま走っていた新宿-御殿場間の連絡急行「あさぎり」。小田急線内はほぼ特急なのにJR御殿場線内は急行扱いになるがために「連絡急行」というわけわからん種別で走っていたのですが、これがこの日からリニューアルされました。内容はこんな感じです。
  1. JR区間も含めて特急に格上げ

  2. 運転区間も沼津まで延長

  3. 車両面では小田急がRSE車、JR東海が371系の両新車を用意しこれまでの片乗り入れから相互乗り入れ形態に変更

  4. 沼津スタートの運用もできるようになったので時刻変更


このあさぎりの運行にとって、何気に重要なのが地図の場所、JR-小田急連絡線です。現在のあさぎりにあたる小田急-御殿場線直通列車が運行を開始したのが昭和30年だそうで、それから50年以上も使われているわけですね。余談ですが、現在は新車搬入や古い車両の譲渡送り出し、車両メーカーでの改造などのためにJRと小田急の受け渡しにも使われるようになり重要性が増していたりします。

さて、この「あさぎりリニューアル」。自分にとって衝撃的だったのは、「JR(東海ですが)の車両が小田急新宿に姿を見せるようになる」というところ。「東京都内でJRの特急列車がJRでないところを走る」というのは今までになかったことです。しかも「新宿駅のJR以外の領域にJRの特急列車が入ってくる」というのも。ついでに言うと、代々木上原に千代田線を介してJR東日本の車両(通勤型ですが)も来ますので「違うJRの車両がJRとはまったく関係ないところで顔合わせ」という珍事。あさぎりは代々木上原に停まらないので直接乗り換えできないのが残念?

今にしてみれば昭和時代の伝統を引き継いだものとは言え、その後のJR-東武直通特急(つまり「日光」・「きぬがわ」)や昨日デビューの東京メトロ千代田線内を走る小田急ロマンスカーにもつながってくるのでしょうね。現在新宿駅で「東武の特急からJR東海の特急に乗り換える」ことは夢物語ではないわけですし。合計4往復の運転ですが、特急ネットワークの発展に「あさぎり」が果たした役割は決して小さくないのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
昔の3月23日にあった出来事…
皆さんお待たせしました!?ココロさんの日記がまたこんなのでしたので、「出来事」シリーズ、行ってみたいと思います(爆)。 ...続きを見る
館長の不定期記
2008/03/23 14:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

昔の3月16日にあった出来事… 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる