館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大山マナーモードで震え、イー・モバイル1匹

<<   作成日時 : 2007/10/30 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ああ、やっぱりね」というニュースが入ってきました。ケータイWatchの記事によると、携帯電話に新規参入を予定していた「3社」のうち1社、アイピーモバイルが自己破産、参入のために受けた周波数帯を返上するということです。

以前にもソフトバンクが新規参入からボーダフォン(日本法人)買収に切り替えたので周波数帯を返上、結局「3社」予定していた新規参入を実現したのはイー・モバイルだけ、ということになりました。しかもそのイー・モバイル、現時点で「着信できる端末」がないので「マナーモードで震え」ることも実はないし(爆)。

昔のニュースを引っ張り出してみると、3社の中で一番の大風呂敷を広げていたのがアイピーモバイルでした。こんな数字、実現できるのかよ、という感じで個人的には眉唾を感じたのを覚えています。イー・モバイルも自分は恩恵を受けているとは言え○成さんが嘆くくらいエリア拡大には苦労するわけで、やっぱり資金面でのバックボーンやノウハウとしての通信事業者の経験、というのは要るのですね。

そうそう、その点ソフトバンクといえば。ボーダフォン(日本法人)買収に切り替えて新規参入組ではなくなったのですが、そこは日本でやっている会社、ボーダフォンと比べて日本市場の特殊性がよくわかっている、そんな最近の実績を感じます。初めは「どうよ?」と思うこともありましたが、そのトラブルをしっかり活かしてますし「日本ではグローバルスタンダードが通用しない(こともままある)」ということを目に見えて感じます。

閑話休題。次の新規参入の戦い、2.5GHz帯ですでに始まっているようです。4社が参入を希望して2社認められる予定ですが、4社とも通信事業者の出資を受けています。「既存の携帯電話事業者の出資」は3分の1までだそうですが、その支援を受ける3社はラインぎりぎりの出資。アイピーモバイルの二の舞(ユーザーは直接迷惑を受けてませんが)を避けようとすると、やっぱりこうなってしまうのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

大山マナーモードで震え、イー・モバイル1匹 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる