館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS もう見られないこの電車

<<   作成日時 : 2007/08/25 15:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のネタはすっかりおなじみこの電車!

画像

写真の電車は長野電鉄2000系D編成。しかし、この塗装はもう見ることはできません。僚友A編成が初代塗装のマルーン色にリバイバルされたのに続き、このD編成が2代目のりんご色に塗り替えられて今日から運行開始。残りのB編成とC編成は引退済みなので、写真の塗装をした電車はなくなってしまいました。

自分が長電2000系と初めて出会ったのは子供のころで、どの編成かなんて覚えているわけないですが、そのころはりんご色でした。比較的単純な赤基調、窓まわりがクリーム色。他の車両に比べて特急らしいすっきりした塗り分けです。他の車両(すなわち各停用)は東急から来た「赤がえる」がほとんどで車体にひだがあったことから少し野暮ったい印象だったのも2000系に美しさを覚えた一因だったのでしょう。

しかし、多少古さも感じられるようになった平成になって、冷房改造を受けるときだったか3代目塗装、すなわち写真の色に。古臭さを打ち消すための塗装変更だったのでしょうが、残念ながら自分には車体の古さを際立たせる感じに映ってしまいました。

後継となる「ゆけむり」がデビューしたことでいよいよ2000系の運命も秒読み段階でしょう、そのための旧塗装リバイバル。あとどのくらいで引退かわかりませんが、見守ってあげて欲しいものです。



さて、せっかくトラク場のお題が「第56回★みんな知ってる?こんな雑学はいかが」なのでちょっと参加。

この2000系D編成、長電のサイトによると
また、「D編成」の設計当時には、運転席を2階とし、前面展望車を作る案もありました。
ということだそうです。この丸っこさと製造時期から推察するに、実現していたら小田急NSEと似た感じになったのでしょうか。残念ながらこれ写真の通り実現しませんでしたが、
奇しくもこの案は1000系「ゆけむり」の導入で現実のものとなりました。
と長電さんも認めています。

他にも、地図の場所・長電長野駅は現在地下になっていますが、その長電を現在走る電車は2000系以外は
  • 元営団日比谷線
  • 元東急田園都市線(当然半蔵門線にも乗り入れ)
  • 非常時には新宿地下ホームに入ることがあったかもしれない元小田急ロマンスカー(これが「ゆけむり」)
と地下鉄に縁のある車両(最後のは無理ありすぎのような…)だったりというのも。

さらに、現在東武伊勢崎線上を東京メトロ日比谷線と半蔵門線が一緒に走るのは日常茶飯事だけど東急田園都市線上を東京メトロ日比谷線と半蔵門線が一緒に走ることがまれにあるというのも。日比谷線の車両の大規模な検査を田園都市線の鷺沼にある半蔵門線の車庫でやる(ややこしい…)ため、わざわざここまで来るのだそうです。さらに、このときの回送ルートが元住吉→目黒線→大岡山→大井町線→二子玉川→田園都市線→鷺沼。目黒線上では東京メトロ南北線ともご一緒ですね。って、ずれすぎ…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

もう見られないこの電車 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる