館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS なかたん、橋持ちになる。

<<   作成日時 : 2007/07/21 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「橋」と言っても、電車が折り返したり青島さんが封鎖しようとしたりする方の橋ではありません(この例えもどうなのか)。あ、ついでになってしまいましたが三江線と越美北線の復旧おめでとうございます。

実は私め、歯並びが結構がたがたでして、数年前から改良工事を行ってきてました。まずは親知らずの抜歯。下の歯が2本、水平に生えていたので部分麻酔をかけて削り取ります。その後の痛いわ血が出るわ腫れるわもう2度とやりたくないです(この方法で抜くのがもうないから無理ですが)。そして、歯列の矯正。反対咬合(前歯は下のほうが上より前に出ている)からのスタートなので結構時間がかかりました。「入院して下あごを削る」という荒業も紹介されましたが(しかもこの場合保険が利くので自己負担としては安上がり)、さすがにそこまではちょっと。

これがようやく一段落して、抜けているところに代わりとなるもの、すなわちブリッジを設置するのが今日の工程です。奥歯が変な生え方をして、子供のころ一見普通に生えたのにレントゲンを撮って先生曰く「まだもう一本埋まっています」。1本抜きました。その後何とか埋まっている歯は生えてきたのですが、まわりががっちりしているのにまともに育とうはずもなく大学の講義中にポロリ。これにはびっくりしたわー。

そんなこんなで時間がたってしまい、矯正のときに最終的にはどうにかせにゃいかん、ということで形を整えて後でどうにかするということになりました。「どうにかする」にはインプラントなどいくつか選択肢はあったのですが諸般の事情により保険の利くブリッジに。

土台となる歯、すなわち穴の両脇の歯を削り、型を取る。ここまでが先週までの工程で今日はできたブリッジの設置。かみ合わせの問題もあるのでちょっとずつ削ってははめ、外しては削り。ようやく設置完了。削るときに麻酔をしたので痛くはないですが、削ったところで神経がしみます。そして、何もなかったところに何かある、という違和感。慣れるまでちょっと時間がかかりそう。でも30代で入れ歯持ち、というのよりはよかったのでしょう。

皆さん、歯は大切に!といいたいところですが、虫歯・歯周病はともかく歯並びなんて気をつけて気をつけられる性質のものじゃないからなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>青島さんが封鎖しようとしたりする
→なかた〜んブリッジ封鎖できませ〜ん

>電車が折り返したり
→ハテ、こちらはついていけませんでした(泣)
もしかして駅の名前に橋が付くちゅー事ですか
<橋本だったりするですかね>
ロング
2007/07/22 22:47
>→ハテ、こちらはついていけませんでした(泣)
これは答えが必要ですね。京急川崎と二子玉川では電車が折り返すときに多摩川の橋の上まで来て折り返します。前者は一部ですが後者は大井町線全部。どちらも近くを走る電車から様子を見ることができますが、ちょっと違和感あります。
なかたん
2007/07/23 21:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

なかたん、橋持ちになる。 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる