館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小田急8000形、4両編成もようやくリニューアル開始

<<   作成日時 : 2007/05/08 21:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

毎年おなじみの、「小田急電鉄の鉄道事業設備投資計画にコメントを入れる季節」がやってまいりました(爆)。今年度も引き続き複々線化などの工事が行われるほか、車両面でも既報のように千代田線直通特急用MSE16両、千代田線直通多摩急行など用4000形70両を製造するとのことです(って千代田線直通ばっか…)。

さて、ここで気になったのが現在行われている8000形のリニューアル。今年度は「6両編成×2本、4両×1本、合計16両」が対象、ついに4両編成のリニューアルがスタートです。6両編成はかなりリニューアルが進んで、未リニューアルの編成の方が少ないような状態になっていたのですが、4両編成はまったくやっていませんでしたからね。いくら8000形の製造は6両編成が先行していたとは言ったって。今年度からリニューアル車にも「全密閉式の主電動機を採用」とのことですので、そこ以外は昨年度までの内容が引き続き行われる、つまり足回り・ブレーキを取り替えることになると思われます。ちなみに、4両編成のリニューアルが遅れた理由の自分なりの予想昨年のものをご覧ください。

なにしろまあ、先代4000形と9000形の引退で現在小田急の4両編成(乗る機会としては10両編成の7号車〜10号車が多いですね)は最古参5000形、件の8000形、8両編成の任を解かれて10両編成運用が最近増えた1000形の3形式のみ。しかも同じような状態の車両ばかりなので、レギュラーで使っていたころは失礼ながら「楽しみがないな〜」なんて思っていました。というか、この事実に気づいたときは愕然としたくらい。

これから5000形の引退は間違いなく始まるでしょう。8000形には1000形ともども、4両編成の屋台骨をしょってもらいたいと思います。小田原駅と風祭駅で4両分のホームがもらえるようなので、活躍の場はちょっとですが広がっていくはずです。



おまけ。
MSEの製造数は(今後増えるかは別として)6両編成2本、4両編成1本。用途限定があるとは言え、どうも少し中途半端感があります。それに運行計画が「千代田線からは平日に運転」ということで「休日は地上ではこね号・えのしま号など」とのこと。えのしま号に入るのはうれしいですね、じゃなくて。ひとつシナリオとして考えられるのが、
  • MSEはEXEと相互に連結可能?

  • 一応MSEとEXEの運用は分かれる?

  • EXEの6両編成と4両編成のペア解消でばらばらに効率よく運用?
というあたりでしょうか。なんてことをこの間EXEに乗りながら考えていました。行きと帰りで同じ編成なんて…。この予想が当たっているとすればデビュー10年ちょっとで訪れるEXEの最大の変化、ということになります。なお、あくまでこれは私個人の予想ですので小田急様にお問い合わせすることなどはご遠慮くださいますようお願いします

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
きのう、多摩に小田急電鉄は特急は投資しなかったー。
BlogPetのにゃこた
URL
2007/05/10 11:11
たしかに、事実上えのしま号のために作られたのはEXEがありますけど、ホームウェイ唐木田行きのために作られた車両は1両もないですからね。今後もこのためにわざわざ作ることはないでしょうし。
なかたん
2007/05/10 21:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

小田急8000形、4両編成もようやくリニューアル開始 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる