館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 都区内と横浜に関するモヤッと

<<   作成日時 : 2006/11/01 10:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

昨日は東京都内を駆けずり回る用事がありまして。小田急で新宿まで出てJRの「都区内パス」を買いました。この切符、その名の通り「東京都区内のJRに1日だけど乗り放題」なので横浜方面に向かうときは蒲田まで乗れる、なのでたとえば横浜まで乗っても蒲田-横浜の210円で乗り越し精算すればよい、というのも購入の決め手なんですね。

というわけで用事を済ませ、東海道線で横浜に到着。精算機に都区内パスを入れて、っと「この切符は精算できません 係員にお申し出ください」。ぐっはぁ。まあこの切符は「引き続き有効」だから「切符・乗り越し運賃と引き換えに精算済証を出す」精算機にはなじまないと考えればしょうがないか。改札係員氏に申し出るとすごい手際のよさで、やはり「蒲田から乗り越し精算」は多いんでしょうね。もちろん都区内パスも返ってきました。



さて、実は精算機がだめだろうなという覚悟ができていたのには以前にもほぼ同じ経験があったからです。JRには「特定市内制度」というのがありまして、「市内の中心駅から(まで)201km以上の乗車券を作る場合はその市内のどの駅から(まで)でも乗車(下車)できる」ということになっています。東京都区内、横浜市内も対象で、大阪などに出張するときに目にする方も多いはずです。一方、乗り越し精算についても特定市内が発動するような遠距離の場合は「もともとの下車予定駅(切符の目的地)から実際に降りた駅までの運賃」を支払うことになるので、「東北・上越方面から東京都区内までの切符で横浜まで行く場合は蒲田-横浜の210円で乗り越し精算」ということになり、まともに横浜市内まで買うよりお得になることがあります。運賃区切りのアヤがありますので確実とまではいえませんが、結構使える裏技です。「なぜか横浜市内」川崎駅が目的地の場合は蒲田-川崎150円なのでもっと得しますね。

んで、この裏技を実践。新幹線で東京まで来て東海道線で横浜へ。乗車券の裏が黒いことを確認して、精算機に投入!「この切符は精算できません 係員にお申し出ください」。なんでじゃ〜!先述の都区内パスの場合と違って乗車券は役割を果たし終えてます。自動的に「蒲田からの運賃を徴収」という判定をしてくれてもいいのに。まさか「西荻窪から中央線で八王子に出て横浜線」という可能性も考慮しているのでしょうか。やむなく改札係員氏に申し出るとすごい手際のよさ(爆)。昔のことなのでひょっとしたら今では精算機の仕様が変わったかもしれませんが、多分そのままでしょうね。

係員通路は混み合うこともあるので、ちょっとどうにかしてもらいたいなーとモヤッとしたお話でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ちょっと前予想!2006流行語大賞(まとも編)
今年もまた「今年の漢字」で検索してこられる方がやってくる季節、じゃなかった、流行語大賞の季節がやってきました。この「日本一難しい60択クイズ」、果たして正解するのでしょうか?理論上「千択問題」を解いた自分なら楽勝のはずですが…。 ...続きを見る
館長の不定期記
2006/11/25 14:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
きょうぴょこたが横浜へ精算するつもりだった。
BlogPetのぴょこた
URL
2006/11/02 12:25
は〜い、いってらっしゃ〜い(^o^)/~~
なかたん
2006/11/02 16:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

都区内と横浜に関するモヤッと 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる