館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 安全というもののバッティング

<<   作成日時 : 2006/08/01 09:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

梅雨は明けても空は晴れない8月になりました。そんなわけで、飛行機に乗るお子様も多いかと思いますが、31日のケータイWatchにこんなニュースが。
 NTTドコモのキッズケータイを持っていたために、飛行機の出発が遅れる――全日空(ANA)によると、7月、広島空港において、搭乗した子供が持っていたキッズケータイ「SA800i」が元で、飛行機の出発が12分遅れる事件があったという。


飛行機に乗ると、本当に「携帯電話の電源を切ってください!」と言われることが多いのです。しかし、「計器に影響が出る可能性がある=安全に問題が生じる可能性がある」ということが理由ですので守らないわけには行きません。これが理由で飛行機ではなく新幹線派、という方もいらっしゃるかも。

一方、再び同記事に曰く、
 ところが、NTTドコモのキッズケータイ「SA800i」では、子供の安心・安全機能として、GPSを使った位置検索サービス「イマドコサーチ」に対応しており、暗証番号を入力せずに電源を切ると、再び自動で電源が入るようになっているのだ。
とのこと。「自動で再起動」という安全を守るはずの機能が、「飛行機の計器」という安全を脅かす可能性があることになります。

LANのファイアウォールのように安全装置の二重設置で多少パフォーマンスが落ちる程度ならまだいいでしょう、冗長性も確保されますし。しかし、安全装置の導入により他の安全装置に影響が出る、これは大きな問題です。今回の場合は暗証番号入力、という手続きでキッズケータイの安全装置を無効化することで事なきを得ることができますが、将来似たような問題でもっと重大な結果が生まれる、という可能性は誰にも否定できないのです。



さて、「飛行機の機内持ち込み荷物」でもう一題。

Yahoo!掲載のロイターニュースに曰く、機内に持ち込んだブランド物のバッグを座席の下か頭上の棚にしまうことを拒否したがために機から降ろされる騒ぎがあったとか。本人のことは知ったことではないですが、それによって万が一の乱気流などで他のお客さんに怪我させたら大問題ですからね。自分も空いている隣の席にナップザックを置いたことがありますが、そのときはちゃんとベルトで固定してました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はぁ・・・いろんな人がいるんですねぇ・・・^^;
そんなに大事なバッグなら、家に置いてくればいいんですよね。

キッズケータイ持たせる親も、ホントはそこに気づくべきですよね。
っていうか、子どもが自らチケット取って飛行機に乗るわけではないでしょうから、普通気づくと思うんですが・・・。
これからは子どもが搭乗するたびに、ケータイについて個別に説明して、場合によっては暗証番号を問い合わせて、解除して・・・ってえらい手間かかりますね。
wan
2006/08/09 04:35
>家に置いてくれば
買ったばかりのバックを持って歩きたかったのでしょうと弁護してみるテスト(爆)。

>ホントはそこに気づくべき
自分自身も含めて、ですがこうしたことに対する想像力が働いていない(働かせるには情報量が多すぎる、または自分の都合のいい方に考えた方が楽)ということなんでしょうね。たとえばもう少しまわりが妊婦さんに気を使うことができていればURLで書いたマタニティマークなんて要らなかったかなとも思います。
なかたん
URL
2006/08/09 14:25
いや〜私も含めてですが、妊婦なのか・・・って人も多いし、声をかけることがかえって失礼になることもあるので、このマークはあって正解じゃないかと・・・^^;
wan
2006/08/13 02:20
確かにそうかもですね。気遣いが進みすぎて自分より体調のよい人に席を譲ってしまうという事態もあったりして(爆)。
なかたん
2006/08/13 15:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

安全というもののバッティング 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる