館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカから牛肉がやってくる、ちょっとだけ。

<<   作成日時 : 2005/12/13 20:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

前回の「今年の漢字」予想記事には「米」も挙げていたのですが、そんな中日本政府はアメリカ産牛肉の輸入再開を正式に決めました。特定危険部位の除去はもちろんですが、20ヶ月以下限定ということで量は少ないようですが。

このブログでも1年ちょっと前ですがBSEについての見解を述べました。その記事を読んでみると…言いたいことが当時とほとんど変わらん。というわけでとりあえずはそちらを読んでくだされ。

さてさて。今日の夕刊ですが興味深い記事がありました。ある研究曰く、国産牛の場合「全頭検査」と「21ヶ月以上だけ検査」では医学的に変異型ヤコブ病にかかる確率が同じであるというのです。といってもこの文章だけでは説得力無いのですが、その値が「対策なし」「危険部位除去のみ」と比較され、しかも数値つきで!

そう、この数値が欲しかった。

具体的な値はここでは控えさせてもらいますが、たとえば情報セキュリティの世界などでは「リスク保有」という考え方もありますし日米両国政府からのそうした数値つきでの説明が欲しいと思うのです。もちろんアメリカの場合のね。

現状それ、および確実に20ヶ月以上の牛が紛れ込まない保障ができてないので自分としてはアメリカ牛は"No,Thank you!"だし吉○家にどこかの不動産屋に近い臭いを感じてしまうのです。すき家は「寄生虫キムチ」騒動のときにキムチ販売を自主的にやめていたのにね。「すき家といえばキムチ」、を。日本輸入分だけでも全頭検査できればアメリカ牛は否定しないのですが(それだと向こうで食うとき困る)。

快投乱打な雑記帳(さとし@快投乱打さん)の「【読売】BSE問題でよくわからん社説」に曰く、
 食品の安全性を保障するのは国民を守ることと同義です。読売新聞はアメリカのご機嫌を取るために根拠のない規制緩和をして国民を危険にさらせと言うのですか?
こっちの意見の方が、数値を出せない現状の両政府(と吉○家)よりも説得力あると思うんですけどねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【読売】BSE問題でよくわからん社説
 今日は朝日新聞ではなく読売新聞です。別に朝日新聞や日経新聞だけを目の敵 にしているわけではありませんので(笑) ...続きを見る
快投乱打な雑記帳
2005/12/13 22:20
外務省にはBSE存在せず
よく分からん米国産牛肉解禁を書いた後、念のために外務省の海外安全ホームページでBSEを検索したら、不思議なことに一つもヒットしなかった。 ...続きを見る
佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
2005/12/14 21:16
アメリカ産牛肉輸入方法案
ウェブリの「アメリカから牛肉がやってくる、ちょっとだけ。」について。くだらないの ...続きを見る
にゃこたとぴょこたの週記
2006/01/22 13:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 以前、「吉●家独自で全頭検査をすれば」って話があったんですが「国内の消費者の反感を買うから」ってやらなかったんですよね。
 本当に安全なら「日本人は無駄なコストかけて物好きだ」って話になるはずだけど。
さとし@快投乱打
URL
2005/12/13 22:37
そこは国民性の差でしょうね。

でもそのアメリカの国民性のおかげで危険なものを押し付けられるのは御免蒙りたいです。って言うのも日本の国民性の押し付けでしょうか?
なかたん
2005/12/14 08:32
正式を限定したいの?


BlogPetのにゃこた
URL
2005/12/14 12:25
そうなんですけど、限定緩めろって言うんですよ、アメリカは。
なかたん
2005/12/14 20:14
輸入再開されれば、表向き躊躇してるメーカー側としても、輸入禁止前は安くておいしいと評判だった肉だけに、本音では使いたいですよね。
そうなると、まずは加工食品で原産国の記載が必要ないようなものにまっさきに使われそうで怖いですね。
まぁ、レトルトとか庶民の食べ物かな。
高級な国産牛しか口にしない層には、関係ないから再開するのかい?とひねくれてみます。

それにしても、20ヶ月以下のみを輸入することのどこが“過剰検疫”なのかもしりたいですね〜。
そもそも過剰だと判断するのは、消費者であるべきですよね。
なんでアメリカの畜産業者の事を、日本国民が考えてやんなきゃいけないの〜?
アメリカ人が神戸牛を、食べたいだけでしょ?
しかも“一部の牛丼やさんファン”のために、国民全体がこんな危険にさらされなければならないのか・・・。
庶民は牛丼しか食ってないわけじゃないし、日本人は熱烈にアメリカ牛を食べたいなんて思ってないし〜。

農林族、もっとガンバレヨ!
こんな時こそ、今まで叩かれまくりだった、族議員の腕の見せ所なのになぁ〜。
と思ってみたひねくれモノです。
wan
2005/12/17 17:52
やはり食の観点からご家族の命を預かる方は言うことが違います。「牛関連エキスは使用していません」を謳う製品も多いのですが、そうでないものに入ってきそうで怖いですね。

>アメリカ人が神戸牛を、食べたいだけでしょ?
それだ!確かにアメリカも日本産牛の輸入を再開したし。
なかたん
2005/12/17 21:55
 輸入解禁で牛丼ばかりが注目されてますが、一番恐いのは、世界で一番安い牛肉を仕入れできると豪語するあのお店です。
 しかも使ってる肉は規格外品。多少の骨なんてお構いなく粉砕してるはず。半加工して輸入すれば原産地もわかりませんからね。
さとし@快投乱打
URL
2005/12/19 14:29
それは怖いですね。まだ肉の形がわかり、かつ特定危険部位の除去がすんでいる吉○家の肉の方がまだいいかも…。
なかたん
2005/12/19 17:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

アメリカから牛肉がやってくる、ちょっとだけ。 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる