館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS れっつ国民審査 (「第53回…」について)

<<   作成日時 : 2005/09/01 10:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

画像
公示とともに市の選管から投票所の入場整理券が届きました(ちなみにうちのところはプライバシーなどから世帯単位での封筒)。そこに書いてあるのは総選挙と最高裁判所裁判官の国民審査の二つ(写真は90度脳内回転してください)。総選挙の季節は、即、国民審査の季節でもあるのです。

でもせっかくのこの制度、機能しているかというとちょっと、いや、かなり疑問なんですよね。ウェブリブログ全体でも見た限りでは(総選挙について述べた方が多いにもかかわらず)国民審査について書いているのはお二方(後述)だけ(ほとんどタイトルだけで判断したので追加・突っ込み歓迎)。その要因について考えてみると…
  • まずマスコミが触れない(テレビはまずない、新聞も少しだけ)

  • 方法が「不信任に×」だけ(何も書かないと信任)

  • みんな知らないものだから何も書かずに投票しちゃう(←信任票が多くなる)

  • 結果、誰も罷免されない

  • 「どうせ罷免されないのだから」と関心がなくなる

  • だからマスコミが(以下同文)
だめだこりゃ。

その結果がお二方のエントリーに現れていると考えます。ちょっと引用させてもらいます。

「最高裁裁判官国民審査」
眠いんですってば…さん


最高裁の裁判官なんて、投票所に行って初めて名前を見るくらいですよ。
そんな人を罷免させるかどうかなんて判断できるわけもないですよね(´・ω・`)

「事実上無審査−国民審査きょう告示 最高裁判事6人が対象」
魁!清谷防衛経済研究所 ブログ分室(清谷信一さん)


これで審査しろというのが無理な話。実際これまで罷免になった裁判官はいないのですから、これは一種の詐欺ですよ。
 最高裁判事が、「詐欺」の片棒かつじゃいけませんよ。 

 どうせ単なるセレモニーなら辞めるべきでしょう。単なるセレモニーに膨大な人手をかけるほど、今の我が国に余裕はありませんから。そうじゃなければ、一定数の信任を得ないと判事を解雇する、というふうに選択方式をかえるべきでしょう。 


ということで、清谷さんも述べられていますが少しでも国民審査が機能するべく改革案を考えてみました。一部は別のところで載せた前回の再掲。
  • 「信任するなら○、やめさせたいなら×、どっちでもよかったら空欄」で、「○−×」がマイナスなら罷免。

  • あるいはいっそ衆議院議員総選挙とは別の日にやる。

  • もう少し身近になるよう、「地方裁判所裁判官の県民審査」。

  • 判断材料を提供するためにある程度実績が出てから審査対象に。今回も就任してすぐで実績のない方が審査対象となっており、判断が難しいです。

  • でもやはり普段からの裁判所の広報活動と、マスコミの報道が一番大事。


最後に、眠いんですってば…さんも紹介されていますが『法治国家つまみぐい』さんの、最高裁国民審査の判断資料をご紹介。配布される広報を待てないという方は参考になさってはいかがでしょうか。

つーことで、自分の過去記事ブーメランマンさんにもトラックバック送っておきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
国民審査・不信任率トップの最高裁判事は誰?
 衆院選の投票日といえば?そうそう、最高裁判所裁判官の国民審査も一緒にやりますよね?  裁判官の名前が書いてある紙を渡されるアレです。 ...続きを見る
check6@eBet
2005/09/02 16:43
れっつ国民審査2009
突然ですが問題です。2009年8月30日は何の日でしょうか!?24時間テレビ2日目と答えた方もJ1第24節第2日(すまん、いいネタカードがなかった)と答えた方も衆議院総選挙投票日と答えた方も正解。しかしここで書くのはそれではありません。 ...続きを見る
館長の不定期記
2009/08/23 17:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
国民審査は、まじめにやると本当に難しいですよね。
郵政だって反対賛成の中身がそれぞれ違うわけで、判決も反対賛成がデジタルに分かれているわけではない。
賛成だけど補足意見を出す人、少数派だけど真っ向から反対する人ってさまざまですし、事件がそんなに簡単なわけでもない。
というか、実際の微妙な法律判断で、この意見は正しい、間違っているなどと判断が出来るなら…誰も苦労しないですよね(笑)
Darth Alexios
2005/09/01 11:34
一応最高裁判事の資料、ちゃんと読むんですが、ほとんど事件そのものを忘れてたりするんですね。で、本当なら、おっしゃるとおり、○×式にしたほうがいいんでしょうが、そうすると、偶然否認されちゃう人出そうなんで、やらないんでしょうね。
以前聞いたところでは、1番目の人が、1番×が突くそうですからね。
私は基本的に、3番目と5番目は×です。
理由は特に無いんですが(笑)
クルトンパパ
2005/09/01 13:26
確かに国民審査は奥が深いですよね。自分の力で考え、しっかりと自らの考え方にあった裁判官を信任する、これでないといけないと思います。そのためには情報が必要だし、明確な信任のできる方法も必要であると考えます。

まあ選挙も候補者の立場から見れば「投票してくれる」「投票してくれない」の2段階といえるので、国民審査は票集めの競争ではないことを考えると「明確な信任」「棄権」「現行どおりの不信任」の3段階あればいいのではないでしょうか。
なかたん
2005/09/01 13:34
返事を書いたらいきなりコメントが増えてびっくりです。上はDAさん、これはクルトンパパさんへのお返事ということで。

>1番目の人が、1番×が付く
そういえばそういうデータがありますね。考えるのが段々めんどくさくなるということでしょう。そういう面からいっても「(総選挙に投票した人が)棄権しやすい仕組み」は必要でしょう。

>私は基本的に、3番目と5番目は×です。
こらっ!(笑)でも自分も結果的にこのあたりが多かったような…
なかたん
2005/09/01 13:40
770億円の無駄遣いの1/3は、この国民審査のために費やされていることを忘れてはいけないのではないでしょうか。
小泉さん、国民審査こそ、改革の対象に速やかにするべきです。
花レタスTV
2005/09/13 17:43
花レタスTVさん、はじめまして。

まあ国民審査をやめたからって選挙費用が2/3になるとは思えませんが(投票所設営や啓発費用は変わらない)、この機能してなさを考えても見直しには十分値しそうですね。今回も全員信任ということで、残念ながら?予想通りの結果が出てしまいました。
なかたん
2005/09/13 17:50

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

れっつ国民審査 (「第53回…」について) 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる