館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 横綱の乗れない特急列車

<<   作成日時 : 2005/07/30 12:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

JR東日本が「あさま」と房総方面特急の全車禁煙化を発表したのが7/22のこと。地震があったり次のWindowsが発表されたり合格したりして記事を書きそびれ、結構時間が経ってしまいました。記事を書いたら東海道・山陽新幹線でも叩こうかと思ったら予想以上の対抗策が。なんと「N700系では全座席禁煙、喫煙スペース設置」ということです。

話は東日本に戻り、今回対象になる「あさま」と房総方面は最大乗車時間が約2時間。「この程度なら喫煙者も我慢できる」ということなのでしょう。一方喫煙される方は秒殺で我慢できない状態になってしまいます。編成両数(さらに言うと指定席・自由席それぞれ)との兼ね合いはありますが、E257系は基本5両編成と短いので非喫煙者として大歓迎。しかし条件を「メイン運転区間で3時間程度」にするとほとんどの特急が引っかかるので拡大するかどうかは検討しどころですな。

「喫煙するビジネスマンが多い」東海道新幹線。このような事情もあり、最大乗車時間が5時間にもなるので最終的にも喫煙車が3両(自由席、指定席、グリーン車1両ずつ)くらい残るのではと思っていたら、一気に全席禁煙まで持っていくとは非喫煙者の自分にとっても驚きです。さすがに喫煙スペースの設置は避けられませんが、ひょっとしたらこれすでに同様なことをしている小田急ロマンスカーVSEのパクリといえるかもしれません。

実は5月にVSEに乗るため特急券を買うとき、隣で「喫煙席ないの〜」という方がいました。しかも行き先が町田らしく「次のは町田止まらないんですよ(筆者注:相模大野停車の「さがみ」)」という駅員氏の声も。東海道新幹線ではそのような要望がもっと強まるはずなので、希望により喫煙スペース近くの座席を指定するそうです。まあ完全にタバコ吸っちゃだめというわけではないのですからしょうがないといえばしょうがないのでしょう。

日本一の特急といえる東海道新幹線が全座席禁煙に踏み切ったことで、長い間続いてきた列車内での喫煙に関する落としどころが見えてきた、という感じがします。

あ、そうそう、この間も乗りましたけど「こだま」って普通車の指定席が11、12、16号車と離れているんですよね。いかに現状喫煙者が虐げられているか、という象徴に見えるのは自分だけではないかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

横綱の乗れない特急列車 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる