館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 写真を中心とした環境の変化が自治体財政に及ぼす影響についての一考察

<<   作成日時 : 2005/01/08 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今朝の地元紙の1面トップは、県内のとある市が財政再建団体に転落するかもしれないという記事でした。

その都市はいわゆる企業城下町で、市内にある工場の規模が縮小されていることで税収が落ち込んでいるということだそうです。しかし、その会社自体はこのところ業績を伸ばしているということです。なぜでしょう?

ここ数年、デジタル化が大変な勢いで進んでいます。写真業界も例外ではありません。「銀塩」写真という言葉が逆に一般化してしまったくらい、デジタルカメラが国民の間で広く浸透しています。「カンタン・キレイ・色あせない!!」のその会社も流れに乗り遅れるわけには行かないのです。

ということでおわかりでしょう、その工場は銀塩フィルムが主力だったのです。銀塩フィルムの売れ行きが落ちてきているということで工場の勢いがなくなってきているのです。個人的には銀塩はなくなることはないとは思いますが、一般レベルとしてはデジタルがより浸透していくものと思います。

ごめんなさい、私もデジカメを買ったことでその片棒を担いでしまいました。お詫びといっては何ですが、なかたん写真館作品の中からその会社のフィルムで、その都市で撮った写真を載せておきます。

アクセスありがとうございます。
2004年6月19日より(館長の不定期記合計) 今日 昨日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

写真を中心とした環境の変化が自治体財政に及ぼす影響についての一考察 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる