館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊とどんぐり

<<   作成日時 : 2004/10/23 14:24   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 0

今日は「立て続けにオーナー辞任」について書こうと思ったのですが、いつもの意見しか思い浮かばなかったのでやめます(^_^)

そんな中見つけたのが読売新聞のこんな記事です。詳しくはソースを読んでもらう事にして、自分なりの要約ですが
  1. とある自然保護団体が、えさ不足で人里に出没している熊にどんぐりをあげようと募集を行った。
  2. 一部の県でこれを知った専門家が「どんぐりをまいても熊のえさにならず、生態系を乱す結果になる」と指摘。
  3. これを受け、その団体ではこの県においてはどんぐりをまく活動を中止。
ちなみに、この記事ではないですが関連情報によると
  1. どんぐりが大量に集まって置き場所がないので募集を一時中止した。
ということです。

自然保護団体も熊を守りたいから行動を起こしたのでしょうし、どんぐりを送った人も善意から送ったのでしょうが、自分の意見としては「反対派の専門家の意見に賛成」ですね。「熊にどんぐりなどやるな」ということです。理由はかぶる部分もありますが以下のような感じですか。
  1. どんぐりをえさに小動物が増え、生態系が乱れる可能性がある。
  2. 違う地方で取れたどんぐりが発芽・開花することで遺伝子的に交雑し、雑種が発生する(これに関してはゆでどんぐりをあげることで解決するようです)。
そして以下が大事な部分なのですが、
  1. 今後も継続してどんぐりをあげることができるのか。
  2. 人間からどんぐりをもらって生きる熊は野生の熊といえるのか。
ということです。

自分はこのブログとかホームページ写真を載せていることからも言えるように猫好きなのですが、家以外のところで野良猫にえさをあげるようなことはしません。その野良猫に2度と会える保障など間違いなくないからで、頼られるようになっても困るのです。野良熊についても同じことが言えるはずです。あ、観光地など「○×のえさ」を売っているところでは例外ですね。ほかの観光客の方がえさを買ってあげられるからです。

以前も少し書いたように、人間が自然に対してしてあげられることは「破壊すること」と「環境を継続的に作ってあげること」の二つだけだと思います。後者をすればおのずと自然は戻ってくるはず。人間がもっと自然に目を向けて生きることができるようになればいいですね。



今回はどんぐり問題について賛否両論を集めることができました。
悪いやつは誰ださんのクマにドングリ一時中止
Hare and Tortoise(読めて聴ける英語の管理人さん)の熊を殺さないで下さい!
爺の裏長屋さんの自己陶酔
是非ご一読を。


アクセスありがとうございます。
2004年6月19日より(館長の不定期記合計) 今日 昨日


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
危機に遭遇!毛?熊?
今フロ入って、ブログ書いたところ 髪を触ったらイタイ・・・枕で寝ても痛い・・・ フロで、髪の毛洗うのに 普通の固形石鹸?で 洗った為・・・ リンスも無かった(からっぽッ)ほんと、この状態は・・ ヤバイッ!デスッ。。。 今からリンス買ってきて、洗いなおそッ で... ...続きを見る
アッツの日記(バス釣り&他)
2004/10/24 02:26
地震とクマ
日本海側で民家付近に出没したクマは何処に行ったんだろう。 ...続きを見る
流れにまかせるコト
2004/10/24 21:46
猿とさつまいも
今日の日刊スポーツに、宮崎県幸島のサルに関する記事が出ていました。台風などでどんぐりなどの食料がが不足して、サツマイモを洗うので有名なニホンザルがピンチにたたされているということです。 ...続きを見る
館長の不定期記@WebryBlog
2005/01/10 12:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

熊とどんぐり 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる