館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「「選挙の投票率を大幅にアップする方法を考えよう!」について」について 2個目

<<   作成日時 : 2004/07/10 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「選挙の投票率を大幅にアップする方法を考えよう!」について」について
と「選挙の投票率を大幅にアップする方法を考えよう!」について

変わらぬ日々に変化を求めようさん、こんにちは。「館長の不定期記」を書いているなかたんと申します。

「投票率を上げる」というお題に対する答えとしては、「選挙権は40歳以上」、大いに結構でしょう。

しかしながら、そこには大きな前提が抜けています。少数かもしれませんが、20歳になってやっと選挙に投票できることをうれしく思う人もいるという事実は忘れないでいただきたいのです。自分も子供のころは「何で選挙に投票できないんだ〜」ともどかしく思っていたものです。

確かに自分も、市議会議員レベルではどんな候補者がいたりとかよくわかりません(^_^);;でも、自分の声は小さいかもしれないけれど、一票を無駄にすることだけはしないつもりです。

それに、「あまり売込みがうるさくなく、当選したら報告をきっちりしてくれる候補者」ということも立派な投票基準になると思います。で、該当者がいなかったら以前少し書きましたが、「白票」(とか「小泉鈍一郎」とか)に一票を投じればよいと思います。これで投票率も上がります(^o^)

明治時代は納税額で制限されていた選挙の投票権を全国民に広げた先人の功績、いくら時代は変わるものとは言っても、受け継ぐ側はそれを反古にしては決していけないと思います。

アクセスありがとうございます。
2004年6月19日より(館長の不定期記合計) 今日 昨日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
もう終わったので遅いですが...
「「「選挙の投票率を大幅にアップする方法を考えよう!」について」について 2個目」について 「白票」入れに行くぐらいなら働いて金稼ぎますが...。結局は価値観の差ということです。 だからこそ、価値がわかるひとでやってもらうのが一番いいんです。 押し付けられたっていやなもんはいやって言える時代ですから。 ...続きを見る
変わらぬ日々に変化を求めよう@Webry...
2004/07/12 20:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

「「選挙の投票率を大幅にアップする方法を考えよう!」について」について 2個目 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる