館長の不定期記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「「国鉄時代は良かった」のか?」について

<<   作成日時 : 2004/06/19 16:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「国鉄時代は良かった」のか?」について

びみょ〜に反論させてください。

「JR東日本は国鉄の精神を忘れてる」には結構賛成できる部分があると思います。
でもそれはどういうことはというと、その会社は国鉄に染み付いていた体質を取り払うことで新しい価値観を作ろうと行動している、という意味なんですね。その結果のひとつが相鉄に走っていたり(泣←でもこれも独自の設計が多々あった相鉄においてはやむをえないのかな)

変化を取り込まずに既得権益にこだわった結果がどうなるのかということは、今のプロ野球界に見ることができると思います(を、これにも昔国鉄があった)。今回の合併騒動も、プロ野球がセパ12球団というものにこだわって組織が硬直化した結果がひとつの原因かと。

というわけで、総論においては賛成のなかたんでした。まあ、微量の懐古趣味…車両の動態保存とかはあってもいいとは思いますが。

アクセスありがとうございます。
2004年6月19日より(館長の不定期記合計) 今日 昨日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Twitter



携帯百景

nakatan
携帯百景 - nakatan
携帯百景

「「国鉄時代は良かった」のか?」について 館長の不定期記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる